モハメドとの契約延長、その他

1
  • gosp
    2011-07-01 10:43:50



今日、ナジー・モハメドとの契約延長が決まったようですね。彼のツイッターをフォローしている人から、今日の彼の機嫌がすこぶるいいので、きっと契約がまとまったのだろうと書き込みがあったのを見ましたが、その通りでした。詳細はチームから公表されていませんが、1年の延長で375万ドルだそうです。

一昨日ジェームス・ハーデン、サージ・イバカ、エリック・メイナー、コール・アルドリッチ、バイロン・マレンズに対してチームオプションを選択(要はチームに契約更新の選択権があり、それを行使したということ)したとのことですから、ロックアウトがどうなるかは別にして、サンダーの選手との契約は着々と進んでいるようです。

しかし、マレンズとの契約更新には疑問符をつける人もいます。今期は下部組織であるタルサでプレーさせることもできない(2年以上Dリーグでプレーすることはできない)ので、チームに帯同して練習相手をすることが彼のほぼ全ての仕事になります。モハメドとの契約が決まった今、モハメドとパーキンス、イバカ、コリソンの4人の中に割り込むのは至難の業ですからね。もちろん怪我人が出たり、ベテランを休ませたい時があれば別ですが、アルドリッチも控えていますし。

彼自身は身体は大きくて、その割には足が速く可能性を感じさせる部分もあるのですが、バスケットボールのセンスはあまりないように思います。まあ、今後トレードの際のフィルイン(金額や要員あわせ)として使われるのかな? 個人的には、今期ブレイクアウトしなければ、途中での放出もありだと思っています。

ちなみにデーカン・クックにはQO(クォリファイイングオファー)を出しましたが、要は様子見といった感じです。もしクックを獲得したいチームがあればオファーを出す事ができますが、サンダーはマッチさせる権利を得たことになります。普通ならオファーがきそうな感じですが、今期に限っては労使協定の話し合い次第になるでしょう。加えてクックが長引くのを嫌えば、さっさとサンダーと契約してしまうかもしれません。もともと残りたいって言ってますしね。

もしクックの残留が決まれば、去年と同じローテーションの10人が決まります。あと動きがあるとすれば、ネイトとアイビーのところだけですが、おそらくどちらもトレードか放出でしょう。個人的にはウィリアムスあたりを昇格させて欲しいところですけどね。どうなりますでしょうか。

JUGEMテーマ:NBA

ドラフト指名:レジー・ジャクソン(ボストン大)

2
  • gosp
    2011-06-24 22:06:14

  • gosp
    2011-06-24 11:28:57



既報のとおり、本日NBAのドラフトが行われ、サンダーはボストン大学のレジー・ジャクソンを指名しました。彼の名前を聞いて「ミスター・オクトーバー?」と言う人がいたら、既に50歳に近い方か、古くからのヤンキースファンに違いありません。確かに同じ名前ですが、もちろん別人です。

先日のエントリーでも書いたように、彼は膝を怪我したあとワークアウトを全てキャンセルしたことから、既にどこかのチームと話ができているのではないか、という噂が流れていました。おそらくセルティックスかサンダーだろう、と言われていたのですが、実際はマイアミ・ヒートだったという話が本人から確認取れたようです。そのことでサンダーから指名を受けたものの、本人は「非常にガッカリした」というコメントを出したとのこと。あらあら。そんなことでいいのでしょうか。

私自身もほんの少し聞いた事があるくらいだけだったので、一応自分の為ということも含めて彼のビデオを貼っておきますね。



ちょっと独特のシュートのフォームですが、ロングレンジもいけるようですし、コート全体もよく見えている感じです。このビデオではあまりわかりませんが、ディフェンスもかなり良いとのこと。パスコース読んでのカットとかが得意だそうです。

実はプレスティは以前からしっかり目をつけていたようで、彼を密かにオクラホマに呼んで面接したということが、ドラフト直後のインタビューで判明しました。やはりそういうところはプレスティはきっちりしているな、と感じますし、実際チームがどのように動いているかは、その周囲を取材している地元記者でも掴んでいないということもよくわかりました。逆にマイアミの方ではジャクソンの指名が何人かの記者に伝わって、指名前に既にジャクソンに関する記事を用意していたという話も聞いています。球団の姿勢の違いがわかって面白いですね。

ジャクソン自身はポイントガードで身長も190cmに満たないぐらいですが、腕が非常に長く、ウイングスパンが210cmという話です。ですので、おそらくどちらのガードのポジションもこなせるのではと言われています。とは言え、彼をドラフトしたということはポイントガードが5人ということになるので、アイビーとはおそらく契約延長はせず、ネイトも放出となるでしょう。

ジャクソンを取った一番の理由は、おそらくメイナーとの契約がどうなるかが見えないからだと思われます。おそらくサンダーで控えを続けるより、どこかスターターとして使ってくれるところがあれば、メイナーもそこに移りたいと思うでしょうからね。

今期はサマーリーグがないので、シーズンが始まるまでジャクソンがどんな選手かを見る機会はないと思いますが、楽しみにしましょう。

JUGEMテーマ:NBA

NBAチャンピオン:ダラス・マーベリックス

0


    マーベリックスが優勝した。

    このシリーズを通してつくづくと思い知らされたのは、バスケットは3人でするスポーツではないのだな、ということだった。3人のスーパースターより5人がチームとして戦った方が強かったということだと思う。

    マイアミのビッグ3に対する批判は、既に多くのメディアで取り上げられているのでいまさらここで書く事もないだろう。その批判が当たっているかどうかはわからないが、結果だけをみれば、オーナーたちはホッとしたのではないかな。今後、自分のところのフランチャイズプレーヤー達が談合してどこかのチームに固まっていってしまうということも少なくなるような気がする。

    サンダーにとってもいい勉強になったシリーズだと思う。まずデュラントはノビツキーを見習ってほしい。昔のノビツキーといえばシューターというイメージが強かったが、ここ数年かけて本当にいいインサイドプレイができるようになった。クラッチにも強い。デュラントにはデュラントの土俵があるから別にノビツキーのようにインサイドに強くなる必要はないが、自分の将来のプレーヤーとしての姿を念頭において確実に歩みを進めていってほしい。もしかすると彼はノビツキーのレベルのプレイヤーになれないかもしれない。でも、可能性は十分にあると思う。

    チームとしてもマーベリックスはみながきっちり役割を果たしていた。印象に残るのはキッドだ。一時はターンオーバーが多くてどうなるかと思ったが、バレアがスターターに昇格すると、トランジションではなく、スリーポイントやディフェンスの方に自然にシフトして役目を果たした。マリオンはディフェンスを固め、チャンドラーはことごとくペネトレイトのコースをつぶしていく。チームとして機能するというのはこういうことを言うのだろう。

    ブルックスヘッドコーチにはカーライルヘッドコーチを見習ってほしい。ブルックスコーチが頑固なのはすごくいいと思うのだが、戦術的にもっと柔軟に対処するべき時はそうすべきではないか。まあ、バスケットを始めて長くないイバカとかポジションの経験が浅いウエストブルックに複雑なことは求められないところもあるとは思うが。

    来年のシーズンがあるかどうかもわからないのでちょっと気が早いような感じもするが、ラスベガスでは来年のNBAの優勝のオッズが既に出ていて、サンダーは4位らしい。上位はブルズ、ヒート、レイカーズだった。マーベリックスが上にきていないので不思議に思っていたが、考えてみると来年のチーム編成はガラッと変わりそうだ。バトラーやボーボワは怪我から戻ってくるが、ストイコビッチは引退だろうし、バトラー、チャンドラー、スティーブンソン、バレアはフリーエージェントで、特にバレアあたりはどこかスターターで使ってくれるところに移籍するのではということのようだ。キューバンオーナーはできる限り引き止めようとすると思うが、労使協定の行方次第で再契約は流動的に動くだろう。

    しかし、スターンコミッショナーからキューバンオーナーがトロフィーを授与をやんわりと拒否した(昔のオーナーを立てたという形にした)のが笑えた。本当に彼らしい反骨心だと思う。

    まあ、これでしばらくNBAの試合がないかと思うと寂しい気もする。ロックアウトがないことを心から願う。

    JUGEMテーマ:NBA

    6月12日:ブルックスヘッドコーチのインタビューから

    0


      先日ラジオ番組で、ホストを勤めたクリス・マニックス(スポーツ・イラストレイティッド誌のライター)がスコット・ブルックスヘッドコーチに電話でインタビューをしていました。自分も聞いていましたが、その時話した内容を簡単に要約しておきます。

      ブルックスヘッドコーチはいまカリフォルニア滞在中で、結構日焼けしたよ、などと話していましたが、マニックスのいくつかの質問にこう答えていました。

      昨日の試合(ファイナル第5戦)について
      どちらも素晴らしいプレーをしたが、試合を決めたのはバレアだと思う。彼のプレーが試合をダラスにひきよせたと思うね。

      レブロンのプレイについて
      第5戦のレブロンのプレイがひどかったとは思わない。彼はもともと点取り屋じゃないからね。彼はチームメイトの為にプレイを組み立てている。だから、昨日ファイナルでトリプルダブルを決めた事はすごいと思うよ。

      僕がコーチだったら、第4クォーターにもっと彼にボールを持たせただろう。でも、それができなかったのは、マーベリックスがいい仕事をしたからなんだけどね。彼らはレブロンからボールを奪ったんだ。レブロンはもともと点取り屋じゃない。彼はチームメイトの為にプレイをお膳立てしたんだ。それには敬意を払いたい。彼は自分勝手な選手じゃない。彼はプレイメーカーなんだ。素晴らしい仕事をしたと思うよ。

      自分だったら、レブロンに対してどういうアドバイスをするか
      うちにもデュラントというリーグきっての選手がいる。彼が苦しんでいたら、コーチとしてどういうアプローチをするか考えると思うよ。いいチームメイトがいれば、いつもケツを叩いてくれるし。スポエストラコーチも「頑張れ。大丈夫だ。いくぞ!」ってやってるんじゃないかな。

      今シーズン、サンダーがヒートと対戦した時、気をつけたこと
      ターンオーバーをしないこと。ボールを渡してしまったら、彼らは走ってくる。その流れに(ヒートの選手を)乗せてしまったら、誰にも止められないからね。

      ウエストブルックと連絡を取りあっているのか
      彼とは今週会うよ。僕は彼のプレイが好きだよ。プレイオフに入ってから散々叩かれたけどね。でも彼がいなければ、プレイオフの進出もままならなかっただろうし、カンファレンスファイナルに行けなかったよ。

      彼が素晴らしいプレイをしたかと言えば、答えは「ノー」だ。だけど、我々が55勝を上げるのに十分な活躍をしてくれた。僕は彼の本質的な部分が非常に気に入っている。彼は仕事をやりとげることとチームのことだけを考えている。そして日々良くなる事だけを考え、切磋琢磨している。彼は本当に指導しがいのある選手だよ。

      来シーズンに向け、サンダーが改善すべき点について
      シーズン最後のミーティングで選手に言ったのは、パス回しを改善しなければならないことだ。コートで1人2人だけがボールを回すんじゃない。デュラントもパス回しをうまくならないとダメだ。オフェンスではパスをうまく使って、ウイークサイドからもプレイを作って行く。いくつものオプションも持たないとダメだろうね。

      などといったことを10分ぐらいのインタビューで話していました。ドラフトのワークアウトもあるだろうし、いろいろと忙しいと思うんですが、オフでも選手に会いに行ったり指導したりと大変なんですね(というか、普通他のコーチはそんなことしないと思います)。

      最後にホストのマニックスが「来年優勝するのはサンダーだと僕は予想しているんだ」と言っていたのはうれしかったです。彼の書く記事はいつもサンダーに対する愛着が表れていますが、このインタビューでもそのエッセンスが感じられました。

      JUGEMテーマ:NBA

      ネイト、立ちションで捕まる

      0


        さっき、見つけた記事を早速ポスト

        Thunder guard Nate Robinson cited in New York for public urination

        要はニューヨークで遊んでいたネイトが、夜の2時頃、本屋の横で立ちションしてるところを警官に見つけられて、罰金をくらったという話です。まあ、ネイトらしいというか何と言うか。隙があるのが彼の魅力の一つなんだけど、悪い方向に向かうとこうなってしまうんですよね。

        ネイトもツイッターで早速謝っています。

        Message from Nate

        さて、プレスティはこれをどう見るでしょうか。選手のモラルとかには結構厳しそうですからね。来シーズン(があるかどうかはロックアウトの可能性の為まだわかりませんが)が始まるまでにサンダーからネイトが放出される可能性が大きくなったんじゃないかと思うのは僕だけでしょうか。。。

        JUGEMテーマ:NBA


        calendar

        S M T W T F S
             12
        3456789
        10111213141516
        17181920212223
        24252627282930
        << September 2017 >>

        selected entries

        categories

        archives

        recent comment

        • しあわせの隠れ場所:ジミー・バトラーの場合(1)
          M.Nakazawa
        • しあわせの隠れ場所:ジミー・バトラーの場合(2)
          f.
        • しあわせの隠れ場所:ジミー・バトラーの場合(2)
          GoSP
        • ハーデン/イバカとの契約延長(来年)
          GoSP
        • ハーデン/イバカとの契約延長(来年)
          chriscross
        • NBAPLAYBOOK.COMの記事から
          GoSP
        • NBAPLAYBOOK.COMの記事から
          biiithiii

        links

        profile

        search this site.

        others

        mobile

        qrcode

        powered

        無料ブログ作成サービス JUGEM